無職の願いが叶う頃。 - 働かない生活を満喫する人の家計簿

無職の願いが叶う頃。

無職の願いが叶っても、誰も泣いたりしなくていい。

無職の願いなど、誰にもマイナスの影響を及ぼすことのない
極くささやかなものであるからだ。
1年と少し前、ここに以下のことを書き記していた。

独身、ぼっち、コミュ力無し。孤独な無職のささやかな願い

思考は現実化する、とかなんとかどこかの誰かが言っていた気がするが、
なんでも言ってみるものである。
言ったもの勝ちなのである。

無職の願い、叶う



なぜ一人はダメなのだ、と当時の自分は述べた。

なんということか。

現在は有意義な案件に、一人でも参加できるようになっているでないか。
ということを知ったのは、久しぶりの検索を試みたからである。

恐らく、該当企業の方々は無職の貴重なご意見を採取するべく
毎日欠かさずここを覗いて下さっているのであろう。
少々時間はかかったが、無職の願いを叶えて下さるとは非常に喜ばしいことであるからして
早速ご協力させていただきたい所存である。

この手の依頼をする場所というのはある程度の規模の企業であり、
自分が好むような場所とは異なりはするが、
自発的には足を運ぶことのない場所に金をもらって行くイベントは
平坦な無職生活にささやかな驚きを、といったところであろうか。

今後も機会があれば月に一度程度は楽しませてもらおうかと考えている。

無職生活 2/5の支出



◆2/5
765円

◆今月累計
18,639円

内訳はいつものごとく、食費など。