年々レベルアップする無職生活。 - 働かない生活を満喫する人の家計簿

年々レベルアップする無職生活。

割と楽しんで家計簿をつけている。

働かない生活を満喫しながら日々家計簿的な記録を書き続けているが、
これは普段から習慣として実施しているものではなく、
期間限定のお遊びである。


しかし毎年2月になったら家計簿をつけたくなるのはどういうわけなのか。

自分でもさっぱりわからぬ。

レベルアップする無職



毎年2月に家計簿をつけるようになってから早3年。
改めて以前の家計簿を眺めてみると、それなりに変化があって興味深い。

無職のくせに、2年前と今とでは、金の使い方が異なるのだ。

主に、日課のコーヒーブレイク()にその傾向が顕著なのであるが、
生意気にも日参する店のレベルが向上しているのが微笑ましい。

マクドナルドに住む男

その理由は単純なもので、プロ無職としてレベルアップしたから、
だけでなく、単に現在の居場所近くに100円でコーヒーを飲める店がないのである。

特に意識して排除している訳ではないが、積極的に行きたい訳でもない。
その理由は以前にも述べた通りであるが、
何しろあの店はまともに食べられるものがないので、
小腹が空いている時の選択肢としてはありえないのである。

無職生活 2/7の支出



◆2/7
585円

◆今月累計
20,034円

コーヒーブレイクに500円以上の金額を使う身分へ進化した無職。
来年は果たしてどうなっているか、楽しみである。