40代子持ちが年収一千万を手放し会社を辞める。 - 働かない生活を満喫する人の家計簿

40代子持ちが年収一千万を手放し会社を辞める。

タイトルの通りである。

無論、長年に渡って無職生活を謳歌している自分の話ではなく、

長年に渡って会社員として努力してきた友人のケースである。

繰り返しになるが、内容を簡単にまとめたならばタイトルの通りである。

40代子持ちが年収一千万を手放し会社を辞める



友人は30歳を過ぎたあたりですでに年収700万を余裕で超えており
それは贅沢な独身生活を満喫していた。

700万程度ではセレブ生活とはいかないまでも、
独身世帯であれば何不自由ないどころかそれなり優雅な暮らしが可能である。

その後、家族ができることになるが今度は子供のために稼がねばと
さらに仕事に邁進し、子供の教育その他に金を使うようになった。

独身時代のような金満生活は終わりを迎えたがしかし、
稼がねばならない理由は増えたのだ。

定年退職までその勢いで邁進するのかと思いきや、
40代に入って突然、会社を辞めた。

いや、会社を辞めるという行為はいつも突然であり、
徐々にフェイドアウトする退職などは存在せぬし、
周りには突然に見えただけであって、友人の心はかなり前から決まっていたのだろう。

子供がいるのに転職しない理由



ちなみに、転職を見据えての退職ではない。
もう、会社勤めはしないのだという。

年間一千万を受け取る代わりに差し出し続けてきた自分の時間を
これからは自分と子供のために使いたいのだという。

そのために、会社を辞める準備はしていたらしい。
準備の主軸は以前ここでも記載した働かないで生きる方法、である。

働かないで生きる方法・その11

そこそこ高給取りだったこともあり、この先数年間は働かずとも
親子が食べていける程度の貯金は確保できたであろうがしかし、
一生、さらにはまだ小さい子供に十分な教育を受けさせるほどの蓄えはないという。

ならばどうするか。

答えはシンプルで、これまでの半分程度の時間を使って半分程度の収入を得られる程度に
適度に仕事をしていく、というプランらしい。

半年だけ働く

生活コストを圧縮して、無駄な経費を稼ぐための仕事を削り、
その分自由な時間を得たい。

そう考える向きにはこの手法は至極真っ当なプランではないだろうか。

無論、そこに至るまでは準備が必要であることは言うまでもないが、

「40代で一生遊んで暮らせる金もないのに会社を辞める」

は、既にそう珍しくない生き方になってきているのだなと感じるのである。

あと5年で会社を辞めて豊かに暮らす仕組みのつくり方