普通の人が勉強のための勉強しかできない理由。 - 働かない生活を満喫する人の家計簿

普通の人が勉強のための勉強しかできない理由。

情弱から金を巻き上げるビジネスはいつの時代も手を変え品を変えあるものである。

ママ起業ブームの影で「期待はずれ」の起業セミナー

こういうニュースを見て

「これだからスイーツは」

などと鼻で笑う御仁もおられるであろうが、何も女性に限ったことではなく。

「成功セミナー」
「起業セミナー」

の類に金と時間をつぎ込む男性諸君も少なくはないのである。
いや、むしろ男性のほうがこういった情報に触れる機会は多いのだから被害額も多いのだろう。

月◯◯稼ぐ成功法則セミナーで得た気づきをシェアします。

勤勉だからこそ行動できない悲しさ



スキルを身につけたい、自分らしさを生かして働きたい、起業したい。

そんな風に考えた勤勉な人々がまず行動する方向は

「学び」

である。

やりたいことがある、でもどうしたら実現可能なのかはわからない。
やるからには最短距離で成功したい、とくれば急がば回れで一定期間正しい学びをすべきである。

至極真っ当な考え方ではないだろうか。

そして真面目に学ぼう、先駆者からよりよいアドバイスを受けようと考えた末
起業セミナーやら人脈構築に走るのである。
そこで何がしら得るものがあれば幸運で、殆どの場合はセミナー額以上に得るものはない。

「まずは、勉強してから」

このとても正しい考えが仇となって勉強するところまでしか行動できず
本来の目的であった起業やスキル習得までいかずに資金が尽きるとはなんとも切ない。

じっくり学ぶのは勉強のためでしかない



これは勉強のための勉強であって目標実現のためにはなっていないところが悲しい。
まずは勉強してから、経験を積んでから、資格を取ってからと真っ当な考え方を持つ人ほど
こういったしょうもない輩にケツの毛まで抜かれてしまうとは恐ろしい世の中である。

しかしながら学ぶのは当然悪いことではない。

走りながら学ぶのが最も効率的であるのは確かだが、
良心的な人ほど商売を始める前にはそれ相応の知識なり経験なりが必要だと考えるもので
とりあえずやってみて考えよう、などと何の保障もなく走り始めるのは阿保だけである。

が、阿保のほうが結果成功したりするのはなんともこれ滑稽なり。

なぜかうまくいくバカがやっている驚きの成功法則

勉強のための勉強しかできない普通の人は、普通であることの素晴らしさがある。

普通。
それは立派な才能だ。

その強みを活かして十分生きていけるのだから。

働くのが怖い、普通のことができない

働かない生活をするのならばまずはしっかりした資産形成を考えよう、
などという真っ当な下準備なしに貯金もなく無職生活に突入した阿保の支出は
2/19が625円、2/10は3,620円であった。

「貯金がなくても会社を辞めて自由になれる!誰でもできる無職セミナー」

を開催する予定は、ない。

働かないで生きるには