お金がないけど会社を辞めたい。 - 働かない生活を満喫する人の家計簿

お金がないけど会社を辞めたい。

もう会社を辞めたいでござる。しかし金もないでござる。

このふたつのセリフが日々頭の中で行き来している御仁は一人や二人ではあるまい。
実際問題金があったら仕事をすっぱり辞めて無職ライフを満喫するかといえば
そんな単純なものでもなく。

投資で増やした1億の資産を所有してはいるが、1億では心許ないので2億くらいになれば、
という慎重すぎるほどに慎重、というかご立派な考えをお持ちの会社員の方もおられれば
貯金も資産も頼れる親族もおらずヒモの才能もないのに日々ぶらぶらしている
自分のような出鱈目な人間もいる。

お金がないけど仕事を辞めたい



さて、会社を辞めたいが金がない、という御仁は多かろうが誰もがそう思っているわけでもなく、
金と仕事にまつわる考え方状況にはいくつかのパターンがあるのではと推測する。

お金がないけど仕事を辞めたい、お金はあるけど仕事は辞められない、
高給取りだが貯金はゼロ、貯金はあるが薄給、さらには
お金がなければ仕事もない、という状況もあるだろう。

金がないけど仕事を辞めたい、の悩みは一見解決が難しい問題のようであるが

  • とりあえずのまとまった金を作る

  • 会社を辞めても金が入るシステムを構築する


以上の2つのステップを踏めば割とあっさり解決する。

上司のパワハラや顧客のクレームに耐え切れず突発的に逃げ出すなどの衝動的な行動に出ずとも
至極安全かつ現実的な方法が存在するそう難しくはない問題だ。

遊んで暮らす毎日を始める具体的な5つの方法

金もなければ仕事もない、だからどうにか仕事がしたい、というパターンは大いに救いがある。
その気になればバイトでも日雇いでもあるのだから仕事が何もないということは考えにくいからだ。

なんの取り柄もない無職が全力で働いたらいくら稼げるか

もちろんこの方法は机上の空論であるのだが、なんの取り柄もなくても働く意欲のある御仁は
現時点で金がなくても大丈夫であるしそうであって欲しいと強く願う。

仕事を辞めたい、働きたくないは甘えか



そして最もどうしようもないパターンは金もないくせに働くこともせず日々遊び暮らしている
自分のような人間である。

まあこれは常々言っているように働かずに生きていくなど実はさして難しいことではなく
働かざるもの食うべからずの固定概念を取り除いてしまえばそれで済む話ではあるが、
現代社会では一応働けるのに働かない、身体的理由もなく会社を辞めたいなどというのは甘え、
どうしようもない類の人間にカテゴライズされると自覚しておいたほうがよかろう。

働かない人間はもっと世間体を考えたほうがいい

自分はたまたま働かなくても生きていける体質を持っていただけで、人様より優れているわけではない。
むしろ絶対的に劣っているのはこれらの駄文をお読みになればおわかりのことであろう。

「ザ・マネーゲーム」から脱出する法

けれど、劣っていても生きているし生きていけるし、命ある以上生きていかねばならないのである。

金はないけど事情があって働けない人はもちろんのこと、
金はないけど会社を辞めたい、仕事が嫌い、働きたくない、そんなことをつい考えてしまうという
自分と同じ穴のムジナのどうしようもない皆々様方も同じこと。

働かなくても生きているし生きていけるし、命ある以上生きていかねばならないのである。

雇われない生き方、働かない選択