今日の収入 - 働かない生活を満喫する人の家計簿

情報弱者と時代の先読み。

7月だ。

住所不定無職には盆も正月も四季もないのだが。
続きを読む

金持ちとか高収入者を妬むのが貧乏への近道。

金持ちとか効率的に手堅く稼ぐ人とか

お金の扱いが上手な人を妬んだり恨んだり罵倒したりする人は
結局のところ貧乏でいたい人なのだ。
続きを読む

下流老人。老後に困窮するのは自己責任。

最近なにかと話題ですな。

年収400万でも老後は普通以下の生活を強いられるとかなんとか。
続きを読む

働くより働かないほうが稼げるとわかっても今の仕事をやりたいか。

やりがいがある仕事、楽しい職場、好きな仕事。

これらを実現している人の人生における幸福度は高いだろう。
続きを読む

40代住所不定無職 底辺の食生活。

自分は飲み食いするのがわりと好きなほうである。

よって、無職生活だからと言って毎日食パンを齧って凌ぐ、
というような暮らしをするつもりはない。

続きを読む

遊んでばかりの無職の収入。

ここのところ遊ぶのに精一杯で他のことが疎かになっている。

このブログも更新頻度が下がっていたな。
続きを読む

暇な理由。

退屈とは無縁の自分だが、今日はなんとなく1日中暇だった。

暇だった、というか、暇なような気がした。
続きを読む

不幸自慢、苦労自慢の対処方法。

勝手に絶望している場合ではないので通常運転。

以前苦労自慢について書いたことがあるからか、
他人が自分の苦労した体験を自慢げに語ってくるのがウザい、
というお悩みを持っておられる方が検索で訪問されることが少なくない。


続きを読む

再び寝たきりの無職。

昨日は外に出ることもなく引きこもっていた。

というか、ほぼ寝たきり状態であった。
続きを読む

無職だからこそ重要視すべきこと。

週末は少々飲み過ぎた。

無職風情が週末もクソもないのだが。続きを読む

6月は生活の質を上げる実験に着手。

さて、6月はどんなお遊びをやってみようかと考えていたのだが。

これといって斬新な遊びや実験が思いつかないので基本的には先月同様

「出るより入る」

に意識を置いて生活してみることとする。
続きを読む

結局最後に勝つのは、自分が何者であるか理解している人間だ。

自分は何をしたいのか、どうありたいのか。

今日は何が食べたいのか。収入はいくら欲しいのか。
続きを読む

誰でもできる働かない生活。

結論から言えば、働かないで生きるのは結構簡単で
誰にでもできてしまうのだなあと思うようになった。

そして所謂経済的自由を手に入れている人というのは
そのコツがわかっているだけに過ぎない。
続きを読む

働かないあまりに幽体離脱する無職。

無職のお楽しみといえば、昼寝である。

世間はせかせか忙しく働いているという平日の真昼間。

眠い
続きを読む

この先もう関わりたくない知人からの連絡。

参った。

こういうことが立て続けに起こるとそこに何か意味があるのか
神的なものからのお告げか、などと考えてしまう。
続きを読む

会社勤めの匿名ブロガー諸君、身バレの覚悟はできているか。

自分は匿名ブロガーである。

何故実名で書かないかというと、実名で書く必要がまるでないからである。
しかし、所謂「身バレ」しても特段問題はない。

何故なら、住所不定無職40代独身というスペックゆえ
既に社会的にはいないも同然だからだ。
続きを読む

暴飲暴食を続けているのになぜ20年間体型が変わらないのか。

頭が痛い。

これはなんらかのメタファーではなく、単に頭痛がする、
というだけの話だ。
続きを読む

無職が叶えた理想の人生。

自分も生身の人間なので、時には昨日のように
バカコンプレックスが爆発して落ち込むようなこともあるのだが
(いや、落ち込んでいるようには見えないかもしれぬが、
ああいう暗いことを言い出す時は少なからず気分が下がっている印)
続きを読む

お金がない、能力も人脈も何の取り柄もないバカが働かないで生きるには。

過去の記事をお読みいただくと分かるとおり
自分は残念ながら頭がよくない。

そればかりか周りの人に助けて頂けるような魅力的な人柄でもなく
相手をさりげなく気遣えるようなコミュニケーション能力もない。
続きを読む

働きたくないだけか、それとも仕事を辞めてまでやりたい何かがあるのか。

タイトル通りであるが、無職生活を送りたいと考えている人間には
2種類いると思う。

いや、厳密にはもっと種類は分けられるのだろうが
大きく選別すると
続きを読む