働かないで生きる方法 - 働かない生活を満喫する人の家計簿

働かずとも日銭を稼ぐ大切さ。

うっかり働かない生活を始めてしまい、うっかり板についてしまって、久しい。


40歳を過ぎたらセミリタイヤするぞ、仕事を辞めるぞ

それまではしっかり稼いでがっちり貯めなくては。


続きを読む

アーリーリタイアより生涯現役を目指すが正解。

やはり、生涯現役が理想的だなと思うのである。

退職金に色がつくからという理由で早期退職を選ぶ、そんな御仁も多いようだが、
続きを読む

働かない人間が働いている人間より劣っていく理由。

働かないでのんびりぼんやり暮らし続けたらどうなるか。

当然そうなるだろう、と思うわけである。


続きを読む

仕事ができない人間が生きていくには。

仕事ができないバカが多くて困る。
近頃そんな愚痴をよく聞く。

はて、これはなぜなのか。
続きを読む

働きたくはないが、職歴、学歴、趣味、知識がある場合の稼ぎ方。

働きたくないでござる。一生遊んで暮らしたいでござる。

そう念仏のように唱えながら満員電車に揺られている御仁は少なくはない。
続きを読む

無職の起業。

社会復帰宣言以降、以前と比べてなかなかに忙しい無職である。

忙しい、といっても相変わらず自由な時間を謳歌している状態であるので
世の中の社会人諸氏にしてみればその程度の活動量で何が忙しいのか、と

続きを読む

働かずにお金を稼ぐ、は難しい 無職の社会復帰計画。

2017年、堂々の社会復帰計画を宣言した無職である。

無職の社会復帰計画

今年も早1ヶ月が過ぎようとしているが、その後どうなったのか。
続きを読む

今年こそ働きたくない御仁に贈る6つのアドバイス。

2017年である。

ぬくぬくと働かない生活を満喫している間にあっという間に丸3年が経っていた。
続きを読む

無職の家計簿、無職の収入。

働かない生活を満喫する人の家計簿、とはこのブログのタイトルである。

そして働かない生活を満喫する人とは何を隠そう自分である。

続きを読む

凡人が人気ブログを作る方法、ニラヲチという選択肢。

以前にブログテクニック的なものを書いたことがある。

当時はさほど需要がないかと考えていたのであるがブログというものは
SNS全盛期の今尚意外にも根強い人気を誇る情報発信ツールらしい。

続きを読む

稼げる無職、稼げない無職。

無職とは文字通り職なしの人間、またはその状態を示す言葉である。

故に、一般的な社会人のように毎月幾許かの収入を得られる立場にはない。
入ってくるものがなければ生活は困窮して当然である。
続きを読む

お金がないけど会社を辞めたい。

もう会社を辞めたいでござる。しかし金もないでござる。

このふたつのセリフが日々頭の中で行き来している御仁は一人や二人ではあるまい。
続きを読む

お金がない。それでも働かず遊んで暮らす人々とその能力。

いかにして働かずに遊んで暮らすかについて散々考えている。

もちろん考えてばかりではなく実行もしている。だからこそ無職なのだ。
続きを読む

無職の副業、セミリタイア生活をマネタイズする。

決して自分がマジョリティだと思っているわけではないのであるが、
世の中には変わった人がいるものだ。

そう思わされることは少なくない。続きを読む

一生遊んで暮らすために必要なたった一つの才能。

できれば遊んで暮らしたい。

今これを読まれている御仁は少なからずそんな願望をお持ちのはずである。
続きを読む

死ぬまで現役こそが真の勝ち組。

若い頃は懸命に働き贅沢をせず一生懸命小金を作る。

そうして40代かそこらで数千万円の資産を元に退職してセミリタイヤ生活に突入、
後は仕事をせずにのんびりと暮らし年金支給時期までどうにか食いつなぎ
試算通りの年金が出ればまあ後はなんとか逃げ切れるかな。
続きを読む

無職の潜在意識活用法。

潜在意識を有効的に活用して日々の生活に役立てている。

そんなナイスなメンタルをお持ちの御仁も多いのではなかろうか。
続きを読む

名義貸しビジネスで不労所得を得る。

みんな大好き不労所得。
将来的に働かずに金が入るならそのための準備に苦労は惜しまない。

そんな御仁は多いのではないだろうか。
続きを読む

働かない生活、無職に週末の喜びはあるか。

月初であるが金曜日、週末である。

日々忙しく仕事に励んでおられる皆々様にとっては待ちに待った週末。
続きを読む

会社を辞めずに理想を実現する方法。

やりたいことよりやりたくないことのほうがスラスラ書ける。

それもなんとなく悲しい感じがするが
続きを読む